古河で38.6度 各地で猛烈な暑さ 1日も熱中症に厳重警戒

茨城県は30日、古河市で38.6度を観測したほか、鉾田市や大子町でも37度を上回るなど、各地で猛烈な暑さとなりました。
県内では、7月1日も猛烈な暑さが予想され引き続き熱中症警戒アラートが発表されていて、熱中症への厳重な警戒が必要です。

水戸地方気象台によりますと、30日の県内も高気圧に覆われて、気温が上がりました。
最高気温は、古河市で38.6度、鉾田市で37.5度、大子町で37.1度、笠間市と筑西市西石田で36.9度、常陸大宮市小瀬で36.7度、つくば市と土浦市で35.8度、水戸市で35.7度、日立市で35.4度、下妻市で35.3度、鹿嶋市で35度ちょうどと各地で猛烈な暑さとなりました。
県内14の観測地点のうち、12か所で気温が35度以上を観測し、猛暑日となりました。
県内は7月1日も高気圧に覆われる見込みで、最高気温は土浦市で36度、水戸市で35度と引き続き厳しい暑さが予想され、局地的には38度に達するおそれがあります。
気象庁と環境省は1日も茨城県内で熱中症の危険性が極めて高くなるとして、引き続き熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。
熱中症に厳重に警戒し、外出はなるべく避ける、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。
屋内ではお年寄りなどが冷房を適切に使用するよう、離れて住む家族や周囲の人が声をかけるようにしてください。

最高気温38.6度を記録した茨城県古河市の駅前では、「異常な暑さ」だという声が聞かれました。
古河市の駅前にある生花店の女性店員は「朝早くから水やりをしていますが、乾くのが早く、管理が難しくなっています。毎年のことですが、ことしは去年よりも全然暑く、異常だと思います。日中の駅の利用者もふだんより少なく感じます」と話していました。
また、古河市に住む80代の女性は「いつも自転車で移動していますが、梅雨明けも早かったですし、古河は異常な暑さです。涼しくなるといいですが、8月まで今の暑さが続行するのかなと心配です」と話していました。