日立市 浸水リスク地域に洪水避難施設 2か所新設

茨城県日立市は、2つの川に挟まれていて浸水のリスクがある地域の住民が水害の際に一時的に避難するための施設を、2か所、新たに設けました。

日立市の南部の地域は2本の川に南北を挟まれていて、市の洪水ハザードマップでは、5メートルから10メートルの高さまで浸水すると想定されていますが、避難できるような高台がないことが課題となっていました。
このため日立市は新たに2か所の避難施設を整備し、いずれも梅雨の時期を前に完成して運用が始まっています。
このうち神田町の洪水避難タワーは鉄骨2階建て、高さは9.7メートルで、屋上に上がればヘリコプターによる救助も可能です。
また、大和田町の久慈川日立南交流センターには、施設の屋上に避難するための階段が新たに整備されました。
屋上は高さが6.5メートルあり、およそ100人が避難することができるということです。
市は今後、2つの避難施設の場所が記されたハザードマップを配布するなどして、避難施設を住民に周知していくことにしています。
日立市防災対策課の東谷保課長は「住民の皆さんには災害が起こる前にいち早く避難することを心がけてほしいが、いざというときに一時的に避難できる場所として役立ててほしい」と話していました。