隠岐の島町伝統の祭事「隠岐武良祭風流」4年ぶりに開催

太陽の神と月の神を引き合わせ、五穀豊じょうと無病息災を祈る隠岐の島町伝統の祭事、「隠岐武良祭風流」が4年ぶりに開かれました。

鎌倉時代に始まったとされる「隠岐武良祭風流」は、太陽の神をまつる八王子神社と月の神をまつる一之森神社のそれぞれのご神体を引き合わせ五穀豊じょうと無病息災を祈る祭りです。
太陽の神は、3本足のカラス「やたがらす」をあしらったご神体に、月の神は、白いウサギをあしらったご神体に宿っているとされ、はかま姿の地元の人たちが行列を組み、長さ3メートルほどのさおでご神体を掲げて運んでいきました。
そして、2つのご神体が合流すると、体をそらせてからばちを横に振ってたたく、「陰陽胴」と呼ばれる太鼓の演奏が披露されたほか、子どもが2人1組で片手をつないで腕を回す神事「神相撲」が行われました。
祭りは2年ごとに開かれていますが、おととしは新型コロナの影響で中止されたため4年ぶりの開催となり、観光客など多くの人たちが訪れていました。