3,000株のカキツバタの花が見ごろ 群馬 川場村

川場村にあるお寺ではカキツバタの花が見ごろを迎え訪れた人たちを楽しませています。

川場村の吉祥寺では園内に植えられている3,000株のカキツバタが4月下旬から咲き始め、今見頃を迎えています。
カキツバタはアヤメ科の多年草で主に水辺に群生し鮮やかな紫色の花を咲かせます。
訪れた人が境内を散策しながら見頃を迎えた花を楽しんでいました。
寺を訪れた埼玉県の50代の女性は「紫色のお花がいっぱい咲いていて夢中になって堪能しました」。
「色がやっぱり鮮やかで形も和っぽくてそういうのがすごくひきつけられました」と話していました。
吉祥寺の村上俊英副住職は「尾瀬の自然とかをなるべく取り入れようとして庭園造りをさせていただいてます」と話していました。
吉祥寺のカキツバタは来月中旬まで楽しめるということです。