あさぎり町でペットの体長2メートルのイグアナ逃げ出す

熊本県あさぎり町でペットとして飼育されていた体長およそ2メートルのイグアナが逃げ出しました。
人に危害を与える可能性は低いということですが、警察は見つけた場合は決して近づかず、連絡してほしいと呼びかけています。

警察によりますと、11日午前11時半すぎあさぎり町須恵の60歳の女性から「イグアナがいなくなった」と、警察に届け出がありました。

逃げ出したのは体長およそ2メートルの「グリーンイグアナ」で、ペットとして飼育していたということです。

飼い主の女性は警察に対して「先月17日ごろに逃げ出した」と説明しているということです。

9日、自宅からおよそ800メートル離れた球磨川沿いの堤防付近で目撃されたということですが、今も見つかっておらず、11日警察が近くの河原などを10人態勢で捜索しました。

警察によりますとイグアナは草食動物で、女性が警察に対して「臆病な性格のため人に危害を与える可能性は低い」と話しているということですが、爪やしっぽがあるため見つけても決して近づかず、警察に連絡してほしいと呼びかけています。