富士吉田市の山林でクマ駆除作業中に襲われ男性けが

25日昼前、富士吉田市の山林でクマの駆除を行っていた猟友会に所属する60代の男性がクマに襲われました。
男性は顔などにけがをして病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

警察によりますと、25日朝、富士吉田市の県道富士吉田線でクマ1頭の目撃情報があり、市などからの要請を受けて、地元の猟友会のメンバー11人が駆除などのために山に入りました。
そして、午前11時40分ごろ、猟友会に所属する62歳の男性がクマに襲われ、顔や腕などを爪でひっかかれて、甲府市内の病院に運ばれました。
けがは重いとみられるということですが、命に別状はないということです。
市によりますと、クマに遭遇した猟友会のメンバーが銃を発砲しましたが、逃げたため、追いかけたところクマに襲われたとみられるということで、クマはその後、猟友会のメンバーが駆除したということです。
現場は、富士吉田市の富士北麓公園から南におよそ3キロの山の中です。