全国有数の産地 南アルプス市でスモモの初出荷

全国でも有数のスモモの生産地として知られている南アルプス市で、15日、スモモが初出荷を迎えました。

山梨県は全国のスモモの収穫量のおよそ36パーセントを占める日本一の生産地で、なかでも南アルプス市は県内で生産量が最も多い地域です。
15日朝、市内の選果場は、初出荷に合わせて収穫された「大石早生」という品種のスモモの甘い香りに包まれました。
午前8時に出荷作業が始まると、担当者は箱詰めされたスモモの硬さや傷みがないかなどを入念に確かめていました。
JA南アルプス市によりますと、ことしのスモモは3月下旬ごろの受粉の季節に気温が高かったため生育状況はよいということで、例年並みの出荷量を見込み、8月下旬まで順次さまざまな品種が出荷されます。
JA南アルプス市落合支所営農指導係の手塚隆さんは「これからぞくぞくとおいしいスモモが出てきますので、ぜひ食べてほしいです。」と話していました。