“ルネサス” 閉鎖した工場を再開へ 半導体需要増で

世界的に半導体不足が続くなか、大手半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスは、一度閉鎖した山梨県の工場に新たな設備を導入し、生産を再開させると発表しました。
EV=電気自動車向けを中心に国内での量産を目指します。

生産を再開するのは、山梨県甲斐市にあるルネサスエレクトロニクスの子会社の工場です。
この工場は、業績不振に伴う経営合理化のため2014年に閉鎖され、3つあった建屋のうち2つは取り壊していましたが、会社では残っていた建屋におよそ900億円をかけて新たな設備を導入し、再来年・2024年中に半導体の生産を再開するとしています。
半導体をめぐっては、通信機器や家電のほか、自動車向けの製品が世界的に不足し、今後はEV=電気自動車向けの需要も急増するとみられています。
再開する工場は、これらの需要に対応するため、電力を制御する「パワー半導体」の量産を目指すということです。
会社としてパワー半導体の生産能力は2倍に増える見込みで、あらたに必要となる200人から300人の従業員のうち、半数ほどは山梨県内から採用するとしています。
産業に欠かせない半導体の確保に向けて、最近は海外メーカーの工場誘致や日本メーカーによる国内での設備投資が一段と活発になっています。

大手半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスが、一度閉鎖した甲斐市の工場で生産を再開させると発表したことについて、長崎知事は「地域経済の発展や雇用の創出の観点から大変喜ばしく、歓迎します。工場の再稼働を契機に山梨県の経済の成長が一層図られることを期待します。県としても、工場の再稼働に向け最大限の協力をして参ります」とコメントしています。