米倉山太陽光発電所パネル焼ける

県企業局が甲府市の米倉山に設置した実証試験用の太陽光発電所で15日、太陽電池パネルのパネル部分が一部焼けたことから、県は焼けた部分の施設の運転を停止し、原因を調べています。

県企業局によりますと、15日昼ごろ、甲府市下向山町の米倉山にある実証試験用の太陽光発電所で、太陽電池パネルのパネル部分から煙が出ているのを業者の担当者が見つけました。
県の職員などが消火にあたった結果、火はすぐ消し止められましたが、縦横30センチほどにわたってパネルが焼けました。
この発電所では、県企業局が太陽光発電で発電した電力を安定的に供給するための「蓄電システム」の実証試験を進めています。
県企業局によりますと、焼けた太陽電池パネルは軽量で、持ち運びができるシート状のものだということで、焼けた部分の施設でつくられる電力は発電所全体のおよそ3%だということです。
県企業局は、焼けた部分の施設の運転を停止し、原因を調べています。