ひき逃げ 無免許の男を再逮捕

高知県土佐清水市で、10日、ロードバイクの男性がはねられ死亡したひき逃げ事件で、警察は、事故直後、無免許運転の疑いで逮捕した66歳の男を、11日夜、ひき逃げの疑いで再逮捕しました。

10日午後2時すぎ、土佐清水市の国道のトンネル内で、ロードバイクに乗っていた愛媛県新居浜市の会社員、田中陽祐さん(29)が後ろから軽トラックにはねられました。

田中さんは頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが、11日夜、死亡しました。

警察は、およそ1時間後に宿毛市で、前方部分が破損したまま走行する軽トラックを発見し、運転していた宿毛市の漁業、溝渕尚弘容疑者(66)が無免許だったことからその場で逮捕していました。

その後、溝渕容疑者が田中さんをはねて走り去ったことを認めたことから11日夜、ひき逃げの疑いで再逮捕しました。

警察によりますと溝渕容疑者は調べに対し容疑を認めているということで、警察は当時の状況について詳しく調べています。

また、警察によりますと死亡した田中さんは11日が誕生日でロードバイクでツーリングをしていたと見られるということです。