台風4号 兵庫県に6日朝にかけ最接近の見込み 災害に注意を

台風4号は、6日未明から朝にかけて、兵庫県に最も近づく見込みです。
台風の接近に伴って、局地的に大雨となるおそれがあり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、台風4号は、4日午後3時には、東シナ海を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。
中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側185キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風は、今後、西日本を東に進み、兵庫県には、6日未明から明け方にかけて、最も接近する見込みです。
台風の接近に伴い、温かく湿った空気が流れ込み、兵庫県は大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷雲が発生し、大雨となるおそれがあります。
予想以上に雨雲が発達した場合や停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。
5日午後6時までに予想される24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、▽南部で120ミリ、▽北部で70ミリです。
その後も雨が続き、6日午後6時まで降る雨の量は、▽南部と▽北部ともに、いずれも多いところで、さらに50ミリから100ミリと予想されています
また、風も強まり、5日の最大風速は、陸上が▽南部で12メートル、▽北部で10メートル、海上が▽南部・▽北部ともに15メートルと予想されています。
3日の大雨の影響で地盤が緩んでいるところがあり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するとともに強風や高波などに注意するよう呼びかけています。