近畿地方 兵庫や京都で猛烈な雨 引き続き土砂災害など警戒を

湿った空気の影響で、近畿地方は局地的に雨雲が発達し、兵庫県や京都府で猛烈な雨を観測しました。
このあと、数時間は激しい雨のおそれがあり、気象台は、土砂災害や川の増水などに警戒を続けるよう呼びかけています。

大阪管区気象台によりますと、近畿地方は南から暖かく湿った空気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定になり、日中、兵庫県や京都府で局地的に雨雲が発達しました。
午後1時半までの1時間に、いずれもレーダーによる解析で、京都府の▽京丹波町南部付近でおよそ100ミリ、▽福知山市南部付近でおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。
また、▽丹波市では、正午前までの1時間に84ミリの猛烈な雨を観測し、7月としては最も多くなりました。
その後も大気が不安定な状態は続き、午後5時までの1時間に、▽香美町香住で33ミリの激しい雨が降りました。
大雨のピークは過ぎたものの、このあと、数時間は局地的に雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
これまでの雨で地盤が緩んでいるほか、一部の川では水位の高い状態が続いていて、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に引き続き、警戒するよう呼びかけています。

【住宅の浸水被害も】
今回の大雨で、丹波市によりますと、柏原地域と氷上地域の住宅あわせて4棟で床下が水につかる被害が確認されたということです。
床上浸水やけがなどの被害は確認されていないということです。
また、京都府福知山市によりますと、三和町の住宅3軒で床下が水につかる被害が出たということです。
京都府京丹波町でも、町によりますと、住宅7軒で床下が水につかる被害が出たということです。