たまねぎ高騰で淡路島の生産者「経営が安定する価格の維持を」

たまねぎの価格の高騰を受け、全国有数の産地、兵庫県南あわじ市の生産者は「北海道頼みにならず、淡路島の出荷量を増やすためにも、経営が安定する価格が維持できるようになってほしい」と話しています。

兵庫県は、たまねぎの出荷量が全国3位で、そのほとんどを淡路島が占めていて、これから収穫の最盛期を迎えます。
このうち南あわじ市神代でたまねぎを生産する会社は、9万平方メートルの敷地で効率よく質のよいたまねぎを作る工夫を重ねています。
生産したたまねぎの多くは独自のブランドとして関西のデパートや飲食店などに直接、一定の価格で販売しています。
会社によりますと、去年12月からことし2月にかけて雨が少なく気温も低かったことから、例年より1か月ほど成長が遅れたものの、質のよいたまねぎに成長したということです。
この会社には新たに取り引きしたいという問い合わせが相次いでいるということですが、全国的にたまねぎの供給が少なく価格が高騰するなか、既存の取引先への出荷に追われ、対応は難しいとしています。
一方、価格については、肥料やガソリンといった経費が値上がりし、経営環境が厳しくなっていることから、維持できるかどうか懸念しています。
会社の代表取締役を務める迫田瞬さんは「値段が上下せず食べていただきたいという思いから、ブランド戦略をとったが、もろもろが値上がりする中で、値段を上げずに済むかという課題がある。北海道頼みにならず、淡路島でもっと出荷量を増やすためにも経営が安定する価格が維持できるようになればというのが農家の願いだ。農家も食卓にいいものをお届けできるように努力するので、いっぱい食べてもらいたい」と話していました。