尼崎切りつけ事件で男を再逮捕へ

先月、尼崎市で、40代の男性が刃物で切りつけられて大けがをした事件で、別の事件で逮捕された男が関与を認める供述をし、警察が、近く再逮捕する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かりました。

先月28日の夜、尼崎市東園田町の路上で、会社員の47歳の男性が帰宅途中に突然、何者かに腕や首を刃物で切りつけられ、大けがをしました。
その後の捜査で、別の事件で逮捕された尼崎市内に住む男が、この事件についても関与を認める供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。
事件の現場近くの防犯カメラには、この男と特徴がよく似た男が走り去る姿が写っていたということで、警察は、男が事件に関わったとみて、近く、殺人未遂などの疑いで再逮捕する方針です。
この事件について、警察は、通り魔事件の可能性があるとみて捜査するとともに、近くの学校の周りなどをパトロールしていました。
警察は、男が被害者と面識があったのかや動機などについて調べることにしています。