福岡県独自のコロナ警報 解除を決定 解除は3か月ぶり

新型コロナ対策で7月から発動されている県独自のコロナ警報について、福岡県は新規感染者の減少傾向が続いていることなどから、5日をもって解除することを決めました。
コロナ警報が解除されるのは3か月ぶりです。

福岡県は新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて7月6日に県独自のコロナ警報を発動し、基本的な感染対策の徹底を呼びかけ、現在、新規感染者数は減少傾向となっているほか、病床の使用率も20%を下回りました。

このため、県は、対策本部会議で5日をもってコロナ警報を解除することを決定しました。

コロナ警報が解除されるのは3か月ぶりです。

また、県は6日から飲食店の感染対策を認証する際の基準を、40項目から32項目に減らすことを発表しました。

具体的には、専門家の意見も踏まえ飲食店のレジにアクリル板を設置する必要などはなくなるということです。

ただ、福岡県はコロナ警報の解除後も、引き続き3密の回避や換気など基本的な感染対策やワクチンの接種は呼びかけるとともに、感染に不安のある人を対象にした無料の検査も継続することにしています。