農業用のため池でハスの花が見頃 行橋市

夏を迎え、行橋市のため池では、ピンク色のハスの花が一面に広がり見頃を迎えています。

ハスの花が見頃を迎えているのは、行橋市稲童にある「小迫池」という農業用のため池です。

地元の人によりますと、大雨でこの池に流れてきたハスが自生し、10年ほど前から数を増やしているということで、今では広さ2.5へクタールの池全体に広がっています。

ハスは今月から咲き始めていて、多くの花が開く早朝から午前中にかけてはピンク色の花が池一面を染めています。

訪れた人たちは、葉の間から顔をのぞかせるハスの花を眺めながら写真を撮っていました。

小倉南区からきた女性は「ことしは特に花の数が多く、すばらしいです。頑張っていい写真を撮りたいです」と話していました。

この池のハスの花は来月下旬ごろまで楽しめそうだということです。