トラクター下敷きで男性死亡

14日夜、南九州市の畑で、農作業をしていた76歳の男性がトラクターの下敷きになっているのが見つかり、死亡が確認されました。
警察は、男性が誤ってトラクターごと転落したとみて詳しく調べています。

14日午後8時半ごろ、南九州市知覧町郡の畑で
鹿児島市の無職 森洋三さん(76)がトラクターの下敷きになっているのを、森さんを探していた家族が見つけました。
家族から通報を受けた消防が現場に駆けつけましたが、その場で森さんの死亡が確認されました。

警察によりますと、現場の近くには森さんが所有する畑があり、自宅のある鹿児島市から農作業に来ていたと言うことですが、夕方になっても自宅に戻らなかったことから、家族が行方を捜していたということです。

警察は現場の状況などから、森さんがトラクターであぜ道を通っていたところ、誤って2メートルほど下の畑に転落し、トラクターの下敷きになったとみて、詳しい状況を調べることにしています。