「麒麟がくる」展に伊藤英明さん

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤道三の息子、斎藤高政役を演じた俳優の伊藤英明さんが18日、岐阜市で開かれている特別展などを見学しました。

岐阜市出身の俳優、伊藤英明さんは18日、岐阜市歴史博物館を訪れ、はじめに大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物にゆかりのある資料を集めた「特別展」を見学しました。
そして、▽斎藤道三の肖像画や、▽明智光秀が「本能寺の変」のあと安土城で手に入れたとされる国宝の太刀などに見入っていました。
続いて、伊藤さんは、歴史博物館の2階にある「大河ドラマ館」を訪れ、自身が撮影で身に付けたものと色やデザインが同じ衣装と並んで撮影に応じたり、斎藤道三の館のセットに座ったりしました。
伊藤さんは「私は岐阜出身なので斎藤高政としてドラマに参加できてうれしかったです。多くの人に歴史の壮大なロマンをこのような施設で体感してもらえるのはすごくいいことだと思います」と話していました。