年末年始を控え信用金庫で強盗対策訓練 福島

金融機関で強盗事件が発生したと想定した警察と信用金庫の対策訓練が福島市で行われました。

福島市浜田町の信用金庫の支店で行われた訓練には信用金庫の職員や警察官などおよそ30人が参加しました。

刃物を持った犯人が窓口を訪れた客を人質に金を要求する想定で、犯人は職員に袋を渡して「客を殺すぞ。早く金を持ってこい」などと大声で叫ぶと、職員は相手を興奮させないようなだめながら、現金を入れた袋を渡しました。

袋を持った犯人が走って逃走すると職員は「カラーボール」に似せた球を持って追いかけ、また別の職員は警察に通報したりけがをした客を手当てしたりしました。

そして、駆けつけた警察官に犯人の服装や身長、逃げた方向などを伝え、一連の対応を確認していました。

訓練を行った福島警察署生活安全課の坂本康幸係長は、「年末年始は金融機関などへの強盗事件が懸念されるので、訓練を繰り返して備えてほしい」と話していました。