伊達市が浸水域の排水訓練 建設業協会と支援協定結ぶ

台風の襲来に備えて、洪水で住宅地が浸水した際に排水ポンプを使って水をくみ出す訓練が伊達市で行われました。

伊達市では、3年前の台風19号の豪雨による阿武隈川の氾濫で2300棟あまりが浸水しましたが、地元に大型ポンプがなかったため、青森県からの応援が到着するまで住宅地の排水にとりかかれませんでした。

阿武隈川沿いの公園で行われた4日の訓練は、こうした事態を踏まえて市と地元の建設業協会が、緊急時の支援に関する協定を結んだことを受けて初めて行われたもので、市の職員や建設会社の社員などおよそ60人が参加しました。

訓練では、毎分30トンの水をくみ上げる能力がある排水ポンプ車2台にホースをつなぎ、その先端を浸水地域に見立てた川に浮かべました。

そして、ポンプ車に積まれた発電機を稼働させると、モーターの力で大量の水が勢いよく吸い上げられていきました。

危機管理を担当している伊達市の梅津善幸参事は、「災害時は雨が降って環境が厳しいと思うので、素早く安全にできるように日頃から訓練を続けて緊急時に備えたい」と話していました。