モデルナワクチン専用の接種センター 郡山市に設置へ

福島県は、県内に3か所開設していた大規模接種会場を今月末で閉鎖する一方、モデルナ製のワクチンを接種する必要がある人を対象に、郡山市に専用の会場を設けると発表しました。

福島県によりますと、県内でワクチン接種を2回済ませた人は、今月21日現在で、対象となる12歳以上の86%となっています。

福島市と郡山市、それにいわき市に設けている大規模接種会場では、予約が大幅に減っていることから、県は今月末で、すべて閉鎖することを決めました。

ただ、閉鎖によって、モデルナ製のワクチンを接種できる会場が県内になくなるため、県は新たに「モデルナワクチン接種センター」を、郡山市の星総合病院に設けることになりました。

対象となるのは、海外や他県の会場でモデルナ製ワクチンを1回接種したあとに福島県に移ってきた人や、県内の職域接種でモデルナ製ワクチンを1回接種したあと、何らかの事情で2回目の接種ができなかった人です。

週に1回ほど、20人以内の集団接種を行うということで、電話での事前予約が必要です。

24日から受け付けを開始し、来月1日以降、接種を始めることにしています。

予約の電話番号は、024−521−8574で、平日の午前9時から午後5時まで受け付けています。