農作業の男性がクマに襲われる けがはなし 勝山市

4日朝、福井県勝山市の畑で農作業をしていた男性がクマに襲われました。
男性がクマを蹴ったところ逃げたということで、けがはありませんでした。

4日午前7時半ごろ、福井県勝山市荒土町清水島の畑で農作業をしていた市内の男性がクマに襲われました。
勝山市によりますと、男性が1人で農作業をしていたところ、大人のクマと子グマの合わせて2頭に遭遇し、大人のクマが急に襲いかかってきたということです。
男性が蹴ったところ、2頭とも逃げていったということで、男性にけがはありませんでした。
ことしはクマのエサとなる木の実が例年以上に不作となっていて、県内ではクマの出没が相次いでいます。
勝山市では10月18日にも農作業をしていた男性がクマに襲われてけがをしています。
県や勝山市は山の近くに行ったり、農作業をしたりする際は、鈴やラジオなどをつけてクマに対して人の存在をアピールするよう呼びかけています。