敦賀気比センバツ初戦は常総学院

3月19日に開幕するセンバツ高校野球の組み合わせ抽せんが行われ、北信越代表の敦賀気比は、1回戦で関東代表の茨城・常総学院と対戦することになりました。

ことしで93回目を迎えるセンバツ高校野球の組み合わせ抽せんが23日行われ、北信越代表として5年ぶり8回目の出場となる敦賀気比は、大会5日目の3月23日、第3試合で5年ぶり10回目の出場となる関東代表の茨城・常総学院と対戦することになりました。
キャプテンの大島正樹選手は「持ち味の粘り強さを存分に発揮して、日本一を目指しているので一戦必勝で目先の試合を全力で戦いたい」と話していました。
また、常総学院のキャプテン、田邊広大選手は「敦賀気比はエース中心に守り抜く野球で地方大会を優勝しているので、強い印象がある。自分たちは1戦必勝で戦って多くの人に勇気と感動を与えたい」と話していました。
大会は、3月19日に甲子園球場で開幕し、2日間の休養日を含めて13日間の日程で行われる予定です。