酒気帯び運転容疑で勝浦市議逮捕

12日夜、千葉県勝浦市の市議会議員が、酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、勝浦市の市議会議員、高梨弘人容疑者(40)です。
高梨議員は、12日午後10時前、勝浦市の県道で、酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いがもたれています。
警察によりますと、「車が事故を起こしている」と110番通報があり、警察官が現場に駆けつけたところ、事故を起こしたとみられる軽乗用車が乗り捨てられていて、およそ1時間後に、議員が、知り合いの男性が運転する車に乗って現れたということです。
当初、この男性が、「自分が軽乗用車を運転した」と説明しましたが、詳しく事情を聞いたところ、議員が運転していたことを認め、議員の呼気から、基準を超えるアルコールが検出されたということです。
警察によりますと、議員は、調べに対し容疑を認め、「市内の飲食店でビールや日本酒を飲んで運転した」と供述しているということです。
警察が当時の状況を調べています。