外ヶ浜町で住宅火災 1人死亡 17日も大鰐町で火事1人死亡

18日未明、青森県外ヶ浜町で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
青森県では、17日も住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかる火事があり、警察や消防は改めて火の取り扱いに注意するよう呼びかけています。

18日午前2時すぎ、外ヶ浜町蟹田大平山元で「住宅から火が出ている」と近くを車で通りがかった人から消防に通報がありました。

火はおよそ3時間後に消し止められましたが、木造で一部が2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、この住宅には88歳の男性が妻と2人で暮らしていて、妻は避難して無事でしたが、男性とは連絡が取れなくなっているということです。

警察や消防は引き続き、男性の行方を捜すとともに、遺体の身元の確認を進めています。

また青森県では、17日も大鰐町で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかっています。

冬を前にしたこの時期は特に火災が発生しやすく、警察や消防は改めて火の取り扱いに注意するよう呼びかけています。