JR津軽線復旧めぐり 今別町 一部区間はバス転換を容認の案

去年の大雨以降、一部区間が不通となっているJR津軽線の今後を検討する会議が開かれ、これまで全区間の復旧を求めてきた今別町が、途中駅の津軽二股駅まで復旧させる案を初めて示しました。
残る区間はバスなどへの転換を容認するとしていて、町の提案を受け、今後、存廃議論が加速するか注目されます。

JR津軽線は、去年8月の記録的な大雨によって線路下の盛り土が崩れるなどの被害が出て、外ヶ浜町の蟹田駅と三厩駅の間で不通が続いています。

JR東日本は利用者数が少ないことなどから鉄道の復旧ではなくバスや乗り合いタクシーなどへの転換を提案している一方、沿線自治体の1つ、今別町はJRの負担による全区間の早期復旧を求めてきました。

JRと沿線自治体が、この地域の今後の交通体系について検討する会議が1日、2か月ぶりに開かれ、JRは代替交通として予約型のタクシーの運行エリアを拡大する案などを示し、自動車交通への転換によるメリットを改めて強調しました。

これに対して、今別町は蟹田駅から北海道新幹線の駅に隣接する津軽二股駅までは鉄道として引き続き復旧を求める一方、津軽二股駅から終着の三厩駅まではバスなどへの転換を容認する案を初めて示しました。

今回の提案について今別町総務企画課の太田和泉課長は「議論が平行線のままなので復旧が厳しいなら、津軽二俣駅を交通拠点としてもよいと思う。そこから先は経費などが削減になれば自動車交通への転換でもよい」と話していました。

津軽線をめぐってはもう一つの沿線自治体の外ヶ浜町が鉄道での復旧にこだわらない姿勢をすでに示していて今別町から新たな提案を受けて、今後、存廃議論が加速するか注目されます。