第2青函トンネル実現へ 起点の今別町などが推進団体設立

青森県と北海道を結ぶ第2の青函トンネルを実現し、新幹線の高速運転や物流の拡大につなげようと、今別町などが建設構想を推進する団体を設立しました。

青森県今別町と北海道知内町を結ぶ青函トンネルは、北海道新幹線と貨物列車がすれ違う際の安全を確保するため、新幹線の速度が時速160キロに制限されています。

このため、貨物列車や自動車を通す第2の青函トンネルを建設することで新幹線の高速運転を実現するとともに、物流拡大や観光振興につなげようと、今別町や地元の商工会などが建設構想を推進する団体を26日、設立し、初めての会合を開きました。

会合では設立の趣旨が説明されたあと、北海道ですでに推進活動を行っている福島町の鳴海清春町長が講演を行い、北海道側の団体が試算する建設費用や経済効果などについて説明しました。

今別町の阿部義治町長は「構想が実現すれば新幹線の効果が発揮できるだけでなく、工事による経済効果や人口減少に歯止めがかかることも期待できる。北海道の自治体や国会議員と連携して2回目の世紀の大トンネルへと活動を進めたい」と話していました。

この団体では、国や県などへの要望や住民への啓発活動を行っていくということです。