トラクターの下敷き 男性死亡

15日午前、横手市の水田脇の水路で71歳の男性がトラクターの下敷きになっているのが見つかり、およそ1時間後に死亡が確認されました。
警察は、代かき作業中の事故とみて詳しい状況を調べています。

15日午前10時半ごろ、横手市赤坂の水田で「人がトラクターの下敷きになっている」と、近くに住む男性が消防に通報しました。
警察や消防が駆けつけたところ、横手市赤坂の菅原均さん(71)が水田脇の水路でトラクターの下敷きになっているのが見つかり、病院に運ばれましたが、胸などを強く打っていて、およそ1時間後に死亡しました。
警察によりますと、トラクターの後輪部分が水田の間を流れる深さ20センチほどの水路に落ち、菅原さんは右側の後輪の下敷きになっていたということです。
警察は、代かき中に水路に落ちたトラクターを押し戻そうとして下敷きになった可能性があるとして、詳しい状況を調べています。