宝塚市長選 中川智子氏3選

任期満了に伴う兵庫県宝塚市の市長選挙は16日投票が行われ、無所属で現職の中川智子氏が3回目の当選を果たしました。
宝塚市長選挙の開票結果です。
▼中川智子、無所属・現。
当選。
4万2222票。
▼伊藤順一、無所属・新。
1万9597票。
▼山本敬子、無所属・新。
1万1801票。
現職の中川氏が、新人2人を抑えて3回目の当選を果たしました。
中川氏は69歳。
平成8年から衆議院議員を2期務めたあと、平成21年の宝塚市長選挙で初当選しました。
選挙戦では、市の中心部にあるテーマパークの跡地の活用をどう進めるかなどが争点となりました。
中川氏は、「テーマパーク跡地の活用は失敗が許されない事業であり、市民に喜んでもらえるような安らげる場所にしたい。また、宝塚の魅力を発信して観光客を呼び込むとともに、医療、介護、福祉を充実させ、高齢者も障害者も子どもも笑顔で暮らせる町にしたい」と話しています。