福岡・筑豊地区の県立高校 「第2志望校制度」導入へ 県内初

福岡・筑豊地区の県立高校 「第2志望校制度」導入へ 県内初

福岡県教育委員会は来年の高校入試で、定員割れが目立つ筑豊地区にある県立高校を、第2志望校として志願することを認めることを発表しました。
県教育委員会によりますと、第2志望校制度が県内で実施されるのは初めてで、受験生は、第1志望校とあわせて県教育委員会から指定された県立高校を第2志望校として志願できるようになるということです。
来年の対象校は筑豊地区にある東鷹高校、稲築志耕館高校、嘉穂東高校嘉穂総合高校、直方高校、筑豊高校の6校で学区外からの志願も可能だということです。
筑豊地区ではことし、多くの高校で一般入試の最終志願倍率が「1」を下回る定員割れの状態となっていました。
例年、定員割れとなった高校は追加の募集を行っていますが、対象となる高校では、第1志望の生徒とあわせて、ほかの高校を不合格となった第2志望の生徒も選考することが可能となります。
県教育委員会は第2志望校制度を導入することで中学生の進路選択の幅を広げ、県立高校を志願しやすい環境を作りたいとしています。