福岡空港で航空機の事故想定し訓練 関係機関が連携確認

福岡空港で航空機が着陸に失敗し多数のけが人が出たことを想定した訓練が行われ、関係機関の職員などが連携を確認しました。
訓練は、乗員・乗客200人以上が乗った香港発の航空機が着陸に失敗し、火災が発生したという想定で行われ、消防や医療関係者、空港会社の職員などおよそ200人が参加しました。
まず、空港の消防隊や、駆けつけた福岡市消防局の消防隊が放水を行って消火の際の連携を確認しました。
その後、DMAT=災害派遣医療チームの医師や看護師がドクターヘリで到着し、けがの程度などに応じて治療や搬送の優先順位を決める「トリアージ」を行いました。
駐機場には大型テントの救護所が2つ設営され、重傷度に応じてけが人の搬送や治療にあたる手順を確認していました。
空港の運営会社「福岡国際空港」の永竿哲哉社長は「事故がないのが第一ですが、もし事故が起きたら乗客を無事にけがなく退避させられるよう万全を尽くし、住宅地など周りに対する被害も最小にするように努力していきたい」と話していました。