大阪 寝屋川市議を起訴 コロナ融資詐欺 イベントに投資か

新型コロナウイルス対策の公的融資をめぐる詐欺事件で、大阪・寝屋川市の市議会議員がだまし取ったとされる金のうち1億円以上を格闘技イベントへの投資にあてていた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかりました。
市議は12日、あわせて3件の詐欺の罪で起訴されました。
寝屋川市議会議員の吉羽美華被告(42)は、ほかの被告と共謀し、新型コロナ対策の公的融資を仲介すると偽って大阪府内の福祉施設や久留米市の医療機関からあわせておよそ2億9000万円をだまし取ったなどとして、3件の詐欺の罪で、12日起訴されました。
このうち医療機関からだまし取ったとされるおよそ2億3000万円について福岡県警が金の流れを調べたところ、およそ8割にあたる1億8000万円が吉羽被告にわたり、さらにこのうち1億数千万円が総合格闘技団体への投資に使われた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかりました。
吉羽被告が代表を務める会社が、この団体の地方イベントの興行権を取得し、共同主催者になっていたということです。
警察は、吉羽被告があわせて10数件の融資に関わり仲介で得た利益のうちおよそ4億円を格闘技イベントへの投資に流用していたとみて、被害の実態や金の流れを引き続き捜査しています。
検察は、起訴された被告の認否について明らかにしていません。