JR九州が長崎、熊本、鹿児島の在来線で車掌廃止の方向で検討

JR九州は鉄道事業の合理化の一環として長崎、熊本、鹿児島の在来線で車掌を廃止する方向で検討を進めていることがわかりました。
一方、福岡県内の路線では現在の車掌の体制は維持される見通しです。
関係者によりますと、JR九州はことし9月23日の西九州新幹線の開業に伴うダイヤ改正にあわせて、長崎、熊本、鹿児島の在来線を対象に車掌を廃止する方向で検討を進めているということです。
この3県の在来線では、朝と夕方の通勤や通学の時間帯、1つの列車に1人の車掌を置いていましたが、これを廃止して、すべての在来線でいわゆる「ワンマン運行」に切り替えることになります。
一方、福岡県内の区間は、山陽本線のすべてと、一部の路線を除く鹿児島本線では車掌を置いていますが、廃止の検討はしていないということです。
JR九州は、多くの地方路線で収益の赤字が続くなか、新型コロナの影響で利用客が落ち込み、今回の車掌の廃止の検討は鉄道事業の合理化の一環と見られます。
車掌の廃止に伴ってJR九州は駅と車両にカメラを設置するなどして安全の確保を行う見通しで、これにあわせて乗客にとっての利便性をどう維持していくかも焦点となりそうです。