大地震による下水道施設の被害を想定 福岡市で対応訓練

地震に伴う下水道施設の被害を想定した対応訓練が福岡市で行われ、参加した人たちが緊急時の手順などを確認しました。
この訓練は震度6強の地震が発生したという想定で福岡市が実施したもので、はじめに市役所と市内6か所の下水道施設をテレビ会議システムでつなぎ、安全確認や施設の稼働状況が確認されました。
このあと、福岡市西区にある「西部水処理センター」では設備などに被害が出ているという想定で、職員らが固形の消毒剤を下水処理水に投入していました。
また、泥水をためる水槽にひびが入り泥水が漏れていることがわかるとポンプで水を別の水槽に移していました。
市によりますと、これまで、福岡市内では、地震に伴って下水道施設の稼働が止まるなどの大きな影響が出たケースはないということですが、こうした訓練を通して緊急時に備えたいとしています。
福岡市西部水処理センターの吉村雅之所長は「水処理センターは、下水や雨水を処理して町を浸水から守り安全で衛生的な生活を確保するという目的がありますので、24時間稼働して市民生活を守っていきたいです」と話していました。