保健医療経営大が募集停止へ

11年前に開校して以来、定員割れが続いていたみやま市にある「保健医療経営大学」が、来年度に入学する学生の募集を停止することが分かりました。
「保健医療経営大学」は、医療機関や福祉施設の経営者の育成を目的に、11年前、平成20年にみやま市に開校した4年制の私立大学です。
関係者によりますと、5月11日、大学を運営する学校法人「ありあけ国際学園」の理事会で来年度以降の学生の募集を停止することを決めたということです。
大学によりますと、開学した平成20年度は定員150人に対して、入学したのが27人と大幅な定員割れとなり、その後も、定員割れが続いていました。
最近では、平成29年度の入学試験を受けて実際に入学したのは定員80人に対して42人に留まり、今後も定員を満たす学生の確保が難しいと判断されたのが募集を停止する理由とみられています。