16日明け方にかけ大気不安定

県内は16日の明け方にかけ大気の状態が非常に不安定となる見込みで、落雷や、竜巻などの激しい突風などに注意が必要です。

気象台によりますと、九州北部の上空およそ5500メートルには氷点下30度以下の強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。
このため県内では、16日明け方にかけて、落雷やひょう、急な強い雨や竜巻などの激しい突風のおそれがあり、気象台が注意を呼びかけています。