福岡市の桜開花 全国最速の予想

日本気象協会が14日、最新のサクラの開花予想を発表し、福岡市は、全国で最も早く、3月18日に開花すると予想されています。
日本気象協会がきょう発表したこの春のソメイヨシノの開花予想によりますと、福岡市は3月18日に開花すると予想されています。
これは全国で最も早い予想で、平年より5日、去年より1日早くなっています。
また、先週、発表された開花予想は3月17日でしたが、13日から14日にかけて気温が低くなったため、1日遅い予想となりました。
福岡市中央区の福岡管区気象台では、14日午後、職員が、開花の目安となっているソメイヨシノの標本木を観察しました。
福岡管区気象台観測課の神山正寛さんは、「休眠打破をしてつぼみが赤らみ始めた状態だが咲いているものはまだ1輪もない状態で、開花まで1週間くらいかかる」と話していました。
日本気象協会によりますと、福岡市のサクラの満開は3月30日で、平年より2日早いものの、去年より3日遅いと予想されています。