町議 借金名目で賄賂を要求か

築上町の町議会議員が、消防職員の採用をめぐる不正で、受験者の父親から見返りに現金を受け取ったとして逮捕された事件で、議員が父親に「100万円を貸してほしい」などと現金を要求していたことが捜査関係者への取材でわかりました。
警察は借金の名目で賄賂を要求した疑いもあるとみて詳しく調べています。
築上町の町議会議員、吉元成一容疑者(61)は築上町などを管轄する消防本部の今年度の採用試験をめぐって、受験者の父親で飲食店経営の吉元健人容疑者(42)から息子を採用するよう消防本部の幹部に働きかけて欲しいと依頼を受け、ことし10月、見返りに現金100万円を受け取ったとしてあっせん収賄の疑いで5日、逮捕されました。
警察は、6日午前築上町役場にある、議会事務局を捜索しました。
吉元議員は、採用試験の1か月前のことし9月に吉元容疑者から働きかけの依頼を受けたとみられていますが、その後、「100万円を貸してほしい」などと現金を要求していたことが捜査関係者への取材でわかりました。
一方で借用書などは見つかっておらず、警察は、吉元議員が借金の名目で賄賂を要求した疑いもあるとみて詳しく調べています。