新年度から「NHKどーがステーション」が生まれ変わります。

4月はじめに新しいサイトに移行し、動画の内容も充実させます。お楽しみに!

元気と勇気がわいてくる5分間

ヨーコさんの“言葉”「あとがき」

「100万回生きたねこ」などのロングセラーで知られる絵本作家の佐野洋子(さのようこ)さん。「ヨーコさん」の作品は、「おじさんのかさ」や「おれはねこだぜ」などの絵本ばかりでなく、エッセイも極めて個性的で秀逸。なにごとも感じたままに、飾らず、へつらわず、真正面から捉える。“歯にきぬ着せぬ物言い”は、多くの人の心をとらえ続けています。番組は、絵本の読み聞かせスタイルで、「ヨーコさん」のメッセージを伝えます。胸がすくような言葉で、元気と勇気がわいてくる5分間です。

ご意見・ご感想はこちら

シリーズ

あらすじ

第50話は「あとがき」。
ヨーコさんは、「私は無駄なものが好きだった。すぐには役に立ちそうもないものや、何に使ったらよいかわからないものが好きだった。能率や、成績や進歩に直接かかわらないものが好きだった。それがいちばん大切なものだったのだ」と語ります。
<文>佐野洋子 <絵>北村裕花 <語り>上村典子

第50話は「あとがき」。
ヨーコさんは、「私は無駄なものが好きだった。すぐには役に立ちそうもないものや、何に使ったらよいかわからないものが好きだった。能率や、成績や進歩に直接かかわらないものが好きだった。それがいちばん大切なものだったのだ」と語ります。
<文>佐野洋子 <絵>北村裕花 <語り>上村典子

動画公開日

関連動画

page top