「どーがステーション」は新サイトに移行しました http://www.nhk.or.jp/d-garage

減らせ 突然死[NEWS WEB「深知り」より]

NHKでは、心臓突然死を減らすため、心臓マッサージやAEDの重要性をニュースなどで発信していきます。

ご意見・ご感想はこちら

シリーズ

あらすじ

心臓発作が原因で亡くなる「突然死」は、年間およそ7万人。その数は、高齢化と共に増加しています。
突然死の対策として、AEDの使用が一般の人にも認められるようになって、今年で10年。AEDはこれまでに50万台以上が販売され、駅や公共施設などに設置されています。しかし総務省の調べでは、誰かの目の前で心臓発作で倒れた人に対し、AEDで電気ショックが与えられたケースはわずか3.7%。NHKが行った電話による世論調査でも、AEDを「使えない」と答えた人は半数以上にのぼりました。理由の多くは、「使い方が分からない」「使うべき状態かどうかわからない」というもの。こうした中、医師や救命士などの専門家のグループが「減らせ突然死」プロジェクトをスタートしました。HPやシンポジウムなどを通して、AEDの使い方や重要性を伝え、積極的な使用を呼びかけています。

『NEWS WEB』
一日の出来事をコンパクトに伝えるとともに、NHKのニュースサイト「NHK NEWS WEB」で、視聴者の関心が高かった出来事を伝えます。また、5人の識者が日替わりで「ネットナビゲーター」を担当します。Twitterで寄せられた皆さんの疑問・質問ツイートを、当事者や専門家などにぶつけながら、ニュースを深くお伝えします。

心臓発作が原因で亡くなる「突然死」は、年間およそ7万人。その数は、高齢化と共に増加しています。
突然死の対策として、AEDの使用が一般の人にも認められるようになって、今年で10年。AEDはこれまでに50万台以上が販売され、駅や公共施設などに設置されています。しかし総務省の調べでは、誰かの目の前で心臓発作で倒れた人に対し、AEDで電気ショックが与えられたケースはわずか3.7%。NHKが行った電話による世論調査でも、AEDを「使えない」と答えた人は半数以上にのぼりました。理由の多くは、「使い方が分からない」「使うべき状態かどうかわからない」というもの。こうした中、医師や救命士などの専門家のグループが「減らせ突然死」プロジェクトをスタートしました。HPやシンポジウムなどを通して、AEDの使い方や重要性を伝え、積極的な使用を呼びかけています。

『NEWS WEB』
一日の出来事をコンパクトに伝えるとともに、NHKのニュースサイト「NHK NEWS WEB」で、視聴者の関心が高かった出来事を伝えます。また、5人の識者が日替わりで「ネットナビゲーター」を担当します。Twitterで寄せられた皆さんの疑問・質問ツイートを、当事者や専門家などにぶつけながら、ニュースを深くお伝えします。

動画公開日

関連HP

page top