心はいつもラムネ色
昭和59年度後期[第33作]
放送期間 作・原作、脚本 主な出演者
59年10月1日~60年3月30日 冨川元文 新藤栄作、藤谷美和子、
真野あずさ

漫才を愛した男の
反骨の半生

漫才作家・文平(新藤栄作・写真左)の機知とユーモアに富んだ半生を、夫婦愛や友情を絡めて描いた。モデルは漫才作家・秋田實。(右は妻役の藤谷美和子)