虹を織る
昭和55年度後期[第26作]
放送期間 作・原作、脚本 主な出演者
55年10月6日~56年4月4日 秋田佐知子 紺野美沙子、高松英郎、長門裕之

一人のタカラジェンヌの半生

昭和初期、宝塚歌劇団の団員になる夢を実現して、舞台を踏んだ山口県・萩出身の佳代(紺野美沙子・写真)の半生。宝塚関係者も多数出演して話題に。