信子とおばあちゃん
昭和44年度[第9作]
放送期間 作・原作、脚本 主な出演者
44年4月7日~45年4月4日 原作・獅子文六
脚本・井手俊郎
大谷直子、毛利菊枝

10代と70代の
“女の生き方”

大学受験を断念した信子(大谷直子・写真左)が、明治生まれの東京のおばあちゃん(毛利菊枝・右)のもとで、強く明るく生きていく姿を描いた。