獣の奏者エリン


これまでのストーリー

第1話 緑の目のエリン

2009年 1月10日(土)
第1話 緑の目のエリン

エリンは獣ノ医術師をしている母・ソヨンと暮らす10歳の少女。その目は医術や薬学に秀でた霧の民の特徴である緑色だった。二人が暮らすアケ村は戦の道具として使われる闘蛇(とうだ)を育てる特別な村。闘蛇はおそろしい生きものなのに、エリンは怖がるどころか、興味を持つばかり。それはソヨンのような獣ノ医術師になりたいという夢があるからだった。ある日、飼っていた闘蛇の赤ちゃんが逃げ出してしまい村中が大騒動になってしまう…。

第2話
 医術師のソヨン

2009年1月17日(土)
第2話  医術師のソヨン

戦の道具である闘蛇を育てるアケ村は特別な村。そのため行商人や役人以外の旅人が訪れることは滅多になかった。ある日、エリンがヤギの世話をしていると、病気になった闘蛇をつれた武人がやって来た。戦場から戻った途端餌を食べなくなってしまったと言う。その治療を任されたソヨンは、原因を調べ始めるが、なかなかつかめない。エリンもソヨンを手伝おうとするが…

第3話
 闘(たたか)う獣

2009年1月24日(土)
第3話  闘(たたか)う獣

アケ村で飼われている闘蛇の中でも勇猛で特別な闘蛇はキバとよばれていた。そのキバをつかった軍事教練がおこなわれることとなった。戦う闘蛇の姿をみたことのないエリンと、幼なじみのサジュとチョクの三人は大人たちに内緒で訓練を覗き見ようとする。教練場には大公とその息子であるシュナンとヌガン、王族のダミヤが視察に訪れていた。そして激しい教練がはじまる。

第4話
 霧の中の秘密

2009年1月31日(土)
第4話  霧の中の秘密

アケ村から他の闘蛇衆の村に花嫁に出て行くサジュの姉・ソジュ。きれいな花嫁衣装にエリンもうっとり。だがそのソジュはチチモドキの毒にあたり、高熱を出してしまう。闘蛇衆同士の結婚は村にとっても成功させなければいけない一大事。チチモドキの解毒のためにソヨンは霧の民がおこなってきた霧の市を使うことを提案する。ソジュを助けたい一心から、エリンはソヨンとともに霧の市に向かうことになるが…

第5話
 エリンと卵泥棒

2009年2月7日(土)
第5話  エリンと卵泥棒

年に一度行われる闘蛇の卵狩り。アケ村の闘蛇衆は、ラゴウの沼から野生の闘蛇の卵をとってきて育てることになっていた。エリンは卵狩りにはじめて参加することを許される。静かなラゴウの沼で闘蛇の卵をさがす闘蛇衆たちは、野生の闘蛇の気配にをどこか緊張している様子だった。そんな闘蛇衆たちの様子をものかげから伺う怪しげな二人組がいた。なんと彼らは闘蛇の卵を狙う卵泥棒だった。

第6話
 ソヨンのぬくもり

2009年2月14日(土)
第6話  ソヨンのぬくもり

ある夜、アケ村に闘蛇の弔い笛が響く。かけつけたエリンたちが目にしたのは、死んだ“キバ”の姿だった。“キバ”は大公から預かった最も大切な闘蛇。そしてその死は、村が取り潰しにあってもおかしくないほどの大罪。死因すら特定できない状況のなか、集会では死なせてしまった罰は世話をしたものが受けなければならないということに。それはエリンの母ソヨンだった・・・。

第7話
 母の指笛

2009年2月21日(土)
第7話  母の指笛

キバを死なせた罪で監察官に連れて行かれてしまったソヨン。エリンはサジュの家に預けられ、ソヨンが帰ってくるのを待っていた。しかしある夜、エリンはソヨンがラゴウの沼で闘蛇の裁きにかけられることを耳にする。心配になったエリンは、闇の中ラゴウの沼へと走り出す。そして早朝、静かなラゴウの沼では闘蛇の影がうごめきはじめる。エリンはなんとかしてソヨンを助けようとするが・・・。

第8話
 蜂飼(はちか)いのジョウン

2009年2月28日(土)
第8話  蜂飼(はちか)いのジョウン

ソヨンの手で闘蛇の背に乗せられたエリンは、アケ村からはるか遠いところにある真王領の川岸に流れ着く。そこで蜂飼いのジョウンという男に助けられるが、傷と疲れのために高熱をだし、意識がないままであった。ジョウンはエリンを自分の小屋へと連れ帰り看病を続ける。意識の戻ったエリンは、窓から見える木に吊り下げられたサナギを見て、亡きソヨンとの暮らしを思い出し悲しみに暮れるのだった。

第9話
 ハチミツとエリン

2009年3月7日(土)
第9話  ハチミツとエリン

蜂飼いのジョウンと一緒に暮らすことになったエリン。ジョウンの家には見たこともない道具がたくさんあった。不思議そうにそれを見るエリンに、自分の宝物を見せてやると外に連れ出すジョウン。エリンは興味しんしんでジョウンの後についていく。途中、ジョウンの宝物の一つ、めす馬のトッチとヤギのノロと会う。そしてエリンはいろいろな花々が咲きみだれる場所で不思議な光景をみるのであった。

第10話
 夜明けの鳥

2009年3月14日(土)
第10話  夜明けの鳥

山の暮らしに必要なものを買い揃えるため、街へ出かけたエリンとジョウン。エリンは生まれて初めて見る大きな街の賑わいに驚く。楽師達の演奏を楽しんでいた時、エリンは道の端で美しい音色で竪琴を弾く青年に気付く。青年が弾く曲が気になるエリン。しかし、青年は曲名を告げるとエリンの前から姿を消してしまった。エリンとジョウンが食品の店を訪ねると、女店主が病に倒れていた。そこに役人に追われた女店主の息子がやってきて…。


©上橋菜穂子・講談社 / NHK・NEP