獣の奏者エリン


これまでのストーリー

第31話
 光の空

2009年8月8日(土)
第31話  光の空

ラザル王獣保護場の研修から戻ったトムラは「カザルムでは王獣規範に従わずに王獣を育てている」という噂が流れていることをエサルに報告する。ときを同じくして、タムユアンから新しい教導師・キリクがやってきた。美しい容姿を持ち、惜しげもなく菓子をくれるキリクに学童たちは夢中になる。そんなキリクはやたらとエリンの事を詮索して回るのだった。ある日、リランを連れて外に出たエリンはそこで思わぬ事態に直面する。

第32話
 大罪

2009年8月22日(土)
第32話  大罪

エリンを背に乗せ大空を舞うリラン。上空の寒さに震えるエリンの耳に、かすかな指笛の音が響く。眼下にたたずむ灰色の人影。地面に降り立ったエリンを迎えたのは、霧の民のナソンだった。竪琴で王獣と言葉を交わすことは大罪であると言うナソン。母・ソヨンも口にした「大罪」とは何を意味するのか。ナソンは、太古の昔、アフォン・ノアの彼方に栄えた王国・オファロンに起きた出来事を話し始める。

第33話
 飛翔

2009年8月29日(土)
第33話  飛翔

エリンは、リランが自分を乗せて空を飛んだことをエサルに報告する。その報告に喜ぶエサル。しかし、自由に飛べるようになったリランがカザルムから飛んで逃げてしまっては大問題になりかねない。そこで、リランが空を飛んだということが外に漏れないよう、学童たちがいない冬休みの間に、リランがエリンの命令で空を飛ぶようにする訓練を行うことになった。しかし、全く飛ぼうとしないリランにエリンは困り果ててしまう…。

第34話
 イアルとエリン

2009年9月5日(土)
第34話  イアルとエリン

爪にケガを負った王獣がラザルからカザルムに運びこまれてきた。動けないほどに弱った王獣の息から漂う甘い香りに、エリンはアケ村でソジュが倒れた時のことを思い出す。原因がチチモドキの毒にあると気付いたエリンは、解毒薬を求めて王都の薬問屋に向かう。その頃、菓子の中に仕込まれたチチモドキの毒に倒れたセィミヤの侍女・ナミの命を救うため、同じく王都の薬問屋に向かうイアルの姿があった。

第35話
 あたらしい命

2009年9月12日(土)
第35話  あたらしい命

カザルムに、羽をケガした野生のオスの王獣が運ばれてきた。この王獣は「雄」という意味である「エク」と名づけられた。エクは傷の治療の為に音無笛で硬直させても、硬直がとけるたびに暴れ傷が開いてしまう。そこで、エリンがエクの世話係りを任される。エリンは泊まりこみで世話にあたり、エクは次第に回復する。ある日、リランの世話をしていたエリンは、体毛にある変化が現れていることに気付く。

第36話
 卒舎ノ試し

2009年9月19日(土)
第36話  卒舎ノ試し

リランの妊娠に喜ぶカザルムの学童たち。しかし、王獣の出産は例がなくエサルにも経験が無い。卒舎ノ試しが近づいていても、ソヨンに教わったことを思い出しながら、一生懸命リランの世話にあたるエリン。リランのことで頭が一杯のエリンに、トムラは卒舎ノ試しで一等がとれなければカザルムに残れないことを告げる。エリンは、リランと一緒にいるためにも必ず一等を取ることを心に誓う。

第37話
 誕生

2009年9月26日(土)
第37話  誕生

新しい学童たちがカザルムに入舎した。教導師になったばかりのエリンは、今年の新入生で唯一の女子・シロンが、他の学童たちと遊ばず一人で本を読んでいることが気になり、声をかける。誰にも負けないよう本を読んで勉強し、絶対に教導師になると答えるシロン。エリンは、本を読むのも大事だが、自分で見聞きし感じることも大切だと教えるが…。

第38話
 真王ハルミヤ

2009年10月3日(土)
第38話  真王ハルミヤ

リランの子・アルと会うため、初めて王宮から外出する真王。エサルは、エリンがリランたちと竪琴で心を通わせていることを知られてはならないと考え、エリンに人前に出る事を禁じる。カザルムに着いた真王は、リラン親子の美しさに見とれ、一歩また一歩と近づいていく。子育てでいつもより気が立っているリランに近づいては危ないと、エリンは思わず真王の前に飛び出してしまう…。

第39話
 闘蛇の襲撃

2009年10月10日(土)
第39話  闘蛇の襲撃

王獣の視察を終えた真王は、カザルム河を下る巨大な御座船で王都への帰路につく。展望の丘から、感嘆しながら美しい御座船を見つめる学童たち。しかし、遠眼鏡をのぞいていたシロンは、支流から流れてくる丸太のようなものに気づく。とっさにそれが闘蛇だと気づいたエリンは、真王や御座船に乗った人々の危険を察して走り出す。

第40話
 かげりゆく国

2009年10月17日(土)
第40話  かげりゆく国

真王の御座船を襲った闘蛇の軍により傷ついた多くの人々を、エリンは必死に治療していく。そんな中、誰もがこの事件を闘蛇を操る大公の仕業だと思っていたが、エリンだけはそうではないことに気付く。そして、真王を守って傷ついたイアルを治療しながら、エリンは彼に自分の考えを伝える。一方、エリンとリランが起こした奇跡を目の当たりにしたダミヤは…。


©上橋菜穂子・講談社 / NHK・NEP